鞄と靴

使わない高級品は現金化

ブランド品の査定額は、中古市場の需要と供給のバランスによって変わってきます。また買取される場合はブランド買取専門店へ持参されることをおすすめします。こちらの方が独自の販売ルートを持っているので、その分査定額が上がります。査定額に納得すれば、身分証を提示した後現金を受け取る仕組みになっています。

詳しく見る

PC操作

ネット上で手放すなら

ブランド品買取をしてもらう前に、オンライン査定をしてもらうと楽になります。どこの業者が高く買い取ってくれるのか、事前に確かめておきたいところです。できるだけ高い値段で手放すためにも、日ごろから良いコンディションを保つようにしましょう。

詳しく見る

電卓

激戦区の一つ

新宿はブランド買取の激戦区であるため、相場が高い傾向にあります。また、歩いて行ける近くの範囲に複数のブランド買取店があるため、それぞれを比較して高いところに売るというテクニックを利用することができます。

詳しく見る

ダイヤモンド

扱っているお店の種類

ダイヤモンドの買取をしているお店には質屋や宝石店があります。質屋の場合は質入れをすることもできて、手放したくはないけれどお金が必要という時に向いています。宝石店は得意ジャンルをさほど気にしなくても良いですが、米国宝石学会の資格を持っている鑑定士が在籍しているお店が安心です。

詳しく見る

小物

不要な品を活用したい

ブランド品の買い取り額は市場の価値とお店の在庫によって変動します。こうした変化は店頭やオークションで確認できますので、事前に調べて売却するお店を絞り込みましょう。また買い取りは店頭や宅配を選択できます。店頭買取は即日売却したい人たちから人気です。

詳しく見る

適しているお店の選び方

ダイヤモンド

知識のあるお店を選ぶ

ダイヤモンドの買取に利用するお店は、適正価格を付けてくれるところを選ぶべきです。ダイヤモンドは奥が深く、似たような見た目であっても価値が段違いになるものがあります。もし知識がない人が鑑定をすれば、本来価値があるものに安い値段を付けられてしまう可能性もあります。これでは売りたい人にとっては損です。ダイヤモンドの知識が深い鑑定士であれば買取査定の際にきちんと種類や見た目、加工に応じて適正な値段をつけてくれるので、まず損をすることはありません。日本では鑑定士となるための資格は特にあるわけではありませんから、古物商の資格さえ持っていれば業として買取や販売することはできます。ただし、ダイヤモンド買取の世界では、アメリカ宝石学会の資格を持っていることが目利きの証となります。これは国際的にも権威がある資格であって、取得するためには研修や試験を受けて合格しなければなりません。かなり細かいことまで知識として入れる必要があるので、これを持っている鑑定士であればほぼ確実に、ダイヤモンドの査定をすることが可能です。質屋や宝石買取り店でダイヤモンドに力を入れている場合は、この資格を持った鑑定士が在籍しています。また、利用者に安心してもらえるように、そのことをアピールしています。したがって、ダイヤモンドを適正な価格で売りたいと考えているなら、アメリカの宝石学会の資格を持った鑑定士が在籍しているかをチェックすればよいです。